背中ニキビ 石鹸

石鹸が原因で背中ニキビができる?通常のニキビよりも治りにくい

自分では見ることが出来ない背中に自信はありますか。気がついていないだけで背中ニキビが出来ているということはないでしょうか。夏になると背中が見える服装になることが多くなります。あるいは、結婚式やパーティーなどで背中が見える服装をすることがあるのではないでしょうか。キレイな洋服を着ていても背中ニキビがあるだけで台無しになってしまうかもしれません。

 

背中ニキビは別名大人ニキビとも呼ばれる厄介なニキビです。通常のニキビよりも治りにくいニキビとして知られています。見えない上に治りにくいのですから、出来てしまうと大変です。可能な限り予防をして、出来てしまった背中ニキビには適切に対処しなくてはなりません。

 

背中ニキビの原因は表皮に存在するカビだと考えられています。このカビは常在菌のひとつで誰にでも存在しています。このカビは毛穴などに存在していて皮脂や角質を養分にして増殖すると考えられています。そのため、余分な皮脂ば分泌されないよう脂肪分の摂取を減らすなどの必要があると考えられています。また、汗をかいた場合はすぐに洗い流し皮膚を清潔にすることも重要といわれています。

 

皮膚を清潔にすることは重要ですが、石鹸やボディソープの流し残しは厳禁です。流し残しが毛穴を詰まらせてしまい、菌の増殖を招くことがあります。同様に体をあらうスポンジの流し残しにも気をつけましょう。こちらもスポンジで増殖をしてしまう可能性があり、菌が増殖したスポンジで体を洗うと背中ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

 

以上のような原因で背中ニキビが出来てしまうといわれています。菌が関係していると考えられていますが、金に加えて生活習慣なども影響を与えていることがわかります。何気ない日常に症状を悪化させる習慣がまぎれているかもしれないので、心当たりがある方は生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。石鹸やボディーソープの流し残しはすぐにでも改善できます。まずはこちらから取り組んでみてはいかがでしょうか。